同じじゃないの?エチケットとマナーの違いについて学ぼう

マナーとエチケットの違いを知り、使い方をマスターしよう!

エチケットとマナーの違いとは?

テーブルマナー、公共のマナー、 ビジネスマナー…それらは日常のいたるところで必要となります。基本的なマナーを身につけることによって、社会でも大きく活躍できることでしょう。 そこで今回はビジネスでよく使う、挨拶のマナーや言葉遣いのマナーについてまとめてみました。

エチケットで相手を思いやる

エチケットとは、基本的に相手を思いやるということが分かりましたが、社会生活をする上で必要不可欠な具体例といえば一体なんだろうと思う人もいるかもしれません。 そこで今回は、職場やネットに関するエチケットについてまとめてみました。今後の生活の参考にして下さい。

マナーを守って常識のある社会人に

エチケットとマナーはいずれも外来語で、マナーは「英語」、エチケットは「フランス語」となります。
そしてこれらを日本語で訳すと、どちらも「礼儀」「作法」ということになりますが、異なる意味合いで使われます。それぞれ見ていきましょう。

まずエチケットには、人と接する際の言動や態度の意味で使うことで、相手を不快にさせない「気配り」の意味合いが強いです。
主に人間が持っている、思いやりや優しさがあることから、エチケットとも言われることもあると思います。

一方でマナーとは、人と接するだけでなく、行動全般に使われる言葉でエチケットよりも広範囲に使用されているのが特徴です。
一般的には規則に沿った言動や態度を示します。そして社会においては、みんなが心地よく暮らすことのできるように、意識する気配りでもあるのです。

マナーもエチケットも人に対する気遣いの言葉です。さらに二つとも外来語でありながら、日本ならではの解釈で使い分けられいるのです。ルールや規則のように確定されたものではありませんが、人の本心に任せられるものだと思います。
やはり、礼儀を重んじる日本ならではの言葉でしょう。


このように守らなくてはならないという2つの言葉ですが、同じく「モラル」や「ルール」もあるそうです。
このサイトではエチケットやマナーについて学ぶだけでなく、モラルやルールについての記事もあるので、1つのコラムとして参考にしておくといいでしょう。

似ているようで違う「モラル」と「ルール」

守らなくてはならない言葉として「マナー」「エチケット」の他にも「モラル」や「ルール」があることが分かりました。しかし何気に使っていても、意味や違いを理解できないことが多少はあると思います。 そこで、今回はモラルとルールの意味や違いについて解説していきたいと思います。

TOPへ戻る