マナーとエチケットの違いを知り、使い方をマスターしよう!

>

エチケットとマナーの違いとは?

挨拶とお辞儀

まずは日常の中でよく行っている挨拶ですが、ビジネスシーンにおいての挨拶は欠かせない存在です。重要なコミュニケーションツールであり、基本のマナーです。 正しい立ち振る舞いを覚えさえすれば、社会でより活躍できることでしょう。

挨拶する時は自然な笑顔で相手に目線を向けるように。姿勢よく、ハキハキとした発音を普段から心がけましょう。特に自分から進んで挨拶を行うと、積極性が伝わるので相手の好感がより高まります。

そして挨拶を終えるタイミングで「お辞儀」を添えてみましょう。さらに敬意を表現できます。
例えばすれ違う場合だと、軽く体を前倒しにする会釈(えしゃく)をするといいでしょう。傾き約15度にするのがコツです。

正しい言葉を学ぶ

ビジネスシーンにおいての言葉遣いは、挨拶と同じく大切なマナーのひとつです。社会人として正しい言葉遣いを身につければ、ビジネス会話をスムーズに使いこなせることでしょう。

特に敬語。上下関係を言葉で口語や文書などで表現するために用いられる語法のひとつです。つまり相手を敬う気持ちを表す言葉です。
敬語は大きく分けて3つで「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」となります。例えば尊敬語だと、自分よりも目上の人に対して使う言葉で、謙譲語だと相手をへりくだって表現する言葉です。状況ごとに判断して使い分けると良いでしょう。

これらを正しく使えなければ、周囲との人間関係や信頼関係を築くことが困難になるかもしれません。普段からの日常生活で、正しいマナーを心がけましょう。


TOPへ戻る